日焼け止め PAとSPFの意味

そろそろ日差しが気になる季節がやってきますね。特に女性のみなさんにとってはお肌の大敵である紫外線が強くなってくるので心配です。紫外線がお肌に余計なシミやしわを作る原因と言われているので十分にケアをしていく必要があります。また、夏に向けて脱毛サロンなどで全身脱毛、VIO脱毛をする女性(最近は男性もですね!)が多くいらっしゃると思いますが、脱毛中は日焼け厳禁です。日焼けした肌で脱毛マシンの光を浴びるとやけどする恐れもあるらしいです。そこでお肌を紫外線からのダメージから守ってくれるのが日焼け止めです。最近ではこの日焼け止め成分が化粧品にも含まれているので日焼け止めクリームを塗ったうえからメイクをするという手間がはぶけるので便利になっています。ところで日焼け止めに表示されているPAやSPFの意味を知らない方は多いと思います。そこでPA・SPFについて調べてみました。

メンズ脱毛専門店 ハロス
名古屋駅前の脱毛サロンで男を磨く。人気のひげ脱毛からVIO脱毛まで。
看護師資格をを持つ専門スタッフが在籍するのは名古屋でハロスだけ。
名古屋市中村区名駅3丁目13-31 名駅モリシタビル 9F
http://haloss.jp/

PAとは

PAとは、Protection grade of UV-Aの略語です。意味は紫外線A波から防御して、肌が黒くなるのを防ぐという意味です。また、PAにはプラス記号が三段階に分かれていて、プラスの記号が多いほど強さを表しています。日焼けを防ぐため一番強い+++を選ぶ方も多いと思いますが強いほど肌にかる負担が増えるので肌が弱い方は一番弱いPA+から使用してPAのレベルを上げるようにしてください。

SPFとは

SPFとは、Sun Protection Factorの略語です。意味は紫外線B波を防ぐ効果を数値で表していまです。この数値が大きくなるほど肌を守る効果が長く続きます。

日焼け止めの使用方法

一度日焼け止めを塗ったからと言ってそのまま一日を過ごしてしまいがちですが、だいたい約20分くらいを目安にして塗り直しが必要なのです。その理由として付けてから日中活動している間に汗や皮脂などでせっかく塗った日焼け止めクリームの効果が落ちてしまうので気を付けてください。SPFの数値が高いクリームも同様です。また効果的に日焼け止めを使い方法としてSPF数値が低いものをこまめに塗りなおすのがとても効果的だと言われています。

使用後のケア

日焼け止めを使用した後はきちんとお肌をケアしてあげましょう。実は日焼け止めは普段使用している洗顔料だけでは落とせないのでクレンジングと洗顔料を使って十分に落としてください。洗顔後は化粧水で十分に潤いを補いましょう。